リフォーム中にベビーシッターを利用する

大規模なリフォーム工事の最中には、子どもだけを家に残しておけない場合があります。

託児所や保育所を利用できれば良いのですが、一時的に預かって欲しいとき、必ずしも空きがあるとは限りません。



特に昨今は、待機児童の問題もあって、公的な保育サービスの利用が難しくなっています。



そういうときにはベビーシッターの利用を考えてみてはいかがでしょうか。

ベビーシッターは依頼者の自宅で子どもの面倒を見る形が一般的です。


しかしリフォーム中などのように、自宅の都合が悪いときには、別の場所で預かってもらうこともできます。むしろ自分の家で預かることを希望しているベビーシッターも、決して少なくありません。


時間や条件は交渉次第となるので、いろいろ探してみることが大切です。
これと似たサービスにファミリーサポート制度があります。

子どもを預けたい人と預かりたい人が、ファミリーサポートセンターに会員登録しておき、両者の希望が一致すればサービスを利用できます。
市町村が運営しているため、比較的低料金で安心できる点がメリットです。
ただし事前に打ち合わせが必要なので、リフォームの予定があるなら早めに会員登録しておきましょう。
ベビーシッターは緊急時でも利用できるというメリットがあります。



ただしベビーシッターが持っている資格やサービス内容などについては、業者や個人によってまちまちです。
料金だけでなく、こうした面からも比較検討してください。