ベビーシッターが家具をリフォームする長所と短所

ベビーシッターが家具をリフォームすると母親が興味を抱く、幼児が触る、友人が見に来るなどの長所があります。

昔ながらの古い箪笥で置物のようになっていると、幼児や母親は見向きもしません。ですが、箪笥をリフォームして新しく個性的な物に変えると、母親は興味を抱きベビーシッターに聞いてくるはずです。



その時はどこで依頼をして、どんな風にしてほしいとお願いしたのかを教えてあげるといいです。

おそらくですが、母親は興味深く聞いてくれるので、これをきっかけとして親しくなる可能性があります。
また、箪笥に動物の絵に似ている紙を貼りつけておくと、幼児が触りたくなります。
立ち上がって動き出す仕草は微笑ましいため、見守ってあげると良いです。


ただ、箪笥を開ける場合もあるので、箪笥の中に子供が好みそうな物を入れておくのも悪くないです。


あと、友人が家具を見に来る確率が上がるので、いつ来てもいいようにお茶菓子などを用意しておきましょう。



短所は家具のリフォームはお金が必要、幼児がいたずらすることがあるなどです。



家具のリフォームにはそれなりに費用が必要ですが、1個ずつ変えていけばそれほど費用はかからないです。

時間をかけて、家の中の家具を少しずつ変化させればお金を節約できます。
また、ベビーシッターの家具に幼児がいたずらする場合があります。箪笥に貼りつけてある動物の絵などが目的なので、その時は幼児に絵を渡すといたずらをしなくなります。